ダイビングをしているお友達って、実はけっこう周りにいませんか?
スキューバダイビングをするのには、ライセンス(Cカード)を提示しなければなりません。
ダイビングライセンス取得は、南の島に旅行に行ったついでにコースを受講する人も多いですね。
スキューバダイビングの指導団体に所属するインストラクターが提供するコースを無事に終了するとダイバーとして認定されます。
PADIというのは、指導団体の中でももっとも大きな団体で、本部はアメリカですが世界各国に支部があります。
日本でもPADIに所属しているダイビングスクールが一番いので、あなたの自宅近くにもPADIダイビングショップがあるかもしれません。
ダイビングショップを選ぶ際は、やはり実際にインストラクターと話をしてみるのが一番です。信頼できるスタッフのいるお店を選びましょう。
もしあなたがひとりでダイビングを始めても大丈夫。ショップ主催のダイビングツアーに参加しているとすぐに仲間が増えるからです。
神奈川や東京のダイビングスクールなら、伊豆のダイビングポイントに行くツアー多いでしょう。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
もし、あなたが泳ぐのが苦手なんて言うのなら、まずは体験ダイビングを試してみるのもひとつの方法かもしれません。
中には、75歳でダイバーデビューなんていう方もいるほどで、中高年向けのダイビングコースも開催されています。

ダイビングをしている芸能人って多いですね。もしかしたら、どこかの海でばったり会えたりすることもあるかもしれません。
スキューバダインビングのライセンスは、本当はCカードと言いますが、Cはcertification(認定)の略です。
ダイビングライセンスのコースは、通常4日間で学科、プール講習、海洋実習と進みます。
スキューバダイビングのライセンスは国家資格などではなく、民間の指導団体が安全に潜れる為のカリキュラムを組んでいます。
PADIというのは、指導団体の中でももっとも大きな団体で、本部はアメリカですが世界各国に支部があります。
PADIのダイビングスクールの中でも、5スターという称号のショップは、年間の認定数などいくつかの基準をクリアした優良店とされます。
ダイビングショップもそのお店によって特徴がありますから、一度訪ねてみて自分にぴったりのお店を見つけましょう。
ダイバーになったら、いよいよダイビングツアーに参加しましょう。同じ趣味の仲間がたくさん増えるのも楽しみのひとつです。
伊豆のダイビングポイントでは、ビーチダイビングやボートダイビングなど様々なバリエーションが楽しめます。
そして、南の島へ潜りに行くのならやはり沖縄のダイビング。世界に誇るサンゴ礁とエメラルドグリーンの海にハマること間違いなしです。
たまに体験ダイビングを何度もしている人を見かけますが、お金と時間がもったいないので、ぜひCカードを取得してください。
中高年向けのダイビングコースを開催しているスクールもありますから、ダイビングは若い人のスポーツなんて言わずに誰にでも挑戦して欲しいですね。